コンパクトフィルムカメラのレンズをソニーEマウント化 M42ヘリコイド版

以前にYashica T-AFのテッサーをタクマーのレンズ鏡胴を使ってEマウント化しましたが、
近頃はタクマー君、全くジャンク籠にも登場しません。しかもオクでもなかなかの高値ときているので、
何かいい方法は無いものかと試行錯誤しておりました。
そしてたどり着いた方法とはM42ヘリコイドを使う方法なのであります。
テッサーの改造の時に極薄のM42-Eマウントアダプターを使ってますので、これを使いまわせばいいのではと・・。
それにM42ヘリコイドは他にもいろいろ使えそうですので、夢が膨らみます・・・たぶん。
ヒントになった(というよりマネ?・・・汗)のはGIZMON Utulensです。
早速オクでM42ヘリコイドをGET、送料込みで4Kちょっとでした。

あとは手持ちにあったM42ボディキャップにレンズをくっつけます。
画像ではたまたまフィルムキャップにレンズを埋め込んでますが、レンズの大きさもいろいろなので、いろいろな方法を考えねばなりません。
ボディキャップにいかにレンズをくっつけるかがミソですね。
ワタクシはレンズを埋め込んだフィルムキャップを両面テープでボディキャップの裏側にくっつけております。
・・・いつとれるか分からないです。(大汗)
でも、ワタクシの経験上ヘタに接着剤でつけようとしても、くっつかないし、かえってポロっと突然剥がれます。
両面テープなら案外しっかりとくっつけられるんですねぇ。^^

近頃はプラスチック専用でポリプロピレンもOKの接着剤があるようですので、今度剥がれたら利用してみます。


というわけで、3体作ってみました。

最近もうひとつYashica Tの完全ジャンクを手に入れまして、そそくさとレンズを摘出しました。
他に以前にこしらえた24.5バレル利用のFujinon 32/2.8(Fuji DL200)とNikon Lens 35/2.8(ピカイチAD3)もこちらに改造し直しました。
わっはは〜、手作り感満載ですなぁ。(爆)
と、とにかく撮ることができればいいんです!はい!(大汗)